オイルの点検方法|ホリデー車検 中野沼袋店

パーツ交換・取付

HOME > パーツ交換・取付 一覧 > オイルの点検方法

オイルの点検方法

オイルの点検でもっとも重要なのが「量」の確認です。
オイルは、燃えることにより量が減っていきます。最近はエンジンの性能が良くなったことから、以前に比べ消費量が少なくなったものの、ゼロではありません。

点検は1ヶ月に一度行うことをおすすめします。前回の点検より量が極端に減っている場合は、オイルが漏れている可能性がありますので、下回りもチェックしましょう。

・オイル点検の手順

1 レベルゲージを引き抜く
レベルゲージは、オイルの色と量をチェックするための棒状の器具で、エンジンの横付近にあります。

2 レベルゲージをふき取る
布やティッシュペーパーなどでレベルゲージをふき取ります。このときに色を確認することもできます。真っ黒な場合は、交換が必要です。

3 レベルゲージを元に戻す
レベルゲージを元に戻します。ゲージを入れるパイプは細いので、周囲を汚さないように注意します。

4 レベルゲージをもう一度引き抜き量を確認する
レベルゲージには、H(ハイ)、L(ロー)の印が付いています。付着したオイルが、HとLの間にあれば問題ありません。Lよりも下にある場合は、オイルの補充が必要です。

ページの先頭へ